理学療法士になりたいなら専門学校に通って資格を取るべし

大学へ通うメリット

カウンセリング

単位以外の得られるもの

大学生ならば、勉強をして、履修した授業の単位を取って卒業することが誰しもの課題です。しかし、大学でせっかく在籍し勉強をするのであれば、資格を何かしら取っておくと、就職の際に自分の価値を高めることができ有利です。大学で指定の単位を取得することでしか取得できなかったり、受験資格が得られないものは、検討だけでも必ずするようにしましょう。また、心理学を勉強しているならば、そのような資格をチェックしておくと良いでしょう。大学で心理学を広く履修した者が申請することができる、日本心理学会の認定心理士は、心理学科ならばぜひ検討してみてください。発達心理関連であれば、臨床発達心理士、所定のカリキュラムを修めることで取得できます。医療関係で心理学を生かして働くならば、臨床心理士の資格を有していることが望ましいでしょう。臨床心理士は受験の合格が必要になります。指定された大学院のカリキュラムを修めることで受験することができるのです。民間の資格ではありますが、心理学系の資格の中では最も信頼されたものであり、最難関の資格と言われています。これを持っていると信頼度が上がりますし、就職の口が広がりますので、カウンセラーやセラピストを目指すならばぜひ持っておきたい資格です。心理学に関する民間資格は非常に多くあります。そのため、自分に合ったものを選ぶとともに、上記のいずれかの資格は外さずに取得を目指すと良いでしょう。