理学療法士になりたいなら専門学校に通って資格を取るべし

リハビリの専門家を目指す

整体

理学療法士の国家試験対策は、過去問題をできるだけ多く解くことが効果的です。過去問題を解くと、どんな問題が多く出題されるのかが見えてくるので、何を中心に勉強していけば良いのかが分かります。また、試験勉強は、グループ学習がおすすめです。みんなで解説しあうことで、より理解を深めることができます。

国家資格を持つリハビリ職

整体

多様な学びの手段がある

理学療法士は、ケガや病気で手足が思うように動かせなくなったり、寝たきりになったしまったりした人たちに対し、必要な訓練や指導、助言などを行うことで身体機能の回復を促す仕事です。医療はもとより、近年は高齢者介護の現場においても注目度が高まっています。理学療法士になるには、国家試験に合格する必要があります。国家試験の受験資格は、国または都道府県が指定した養成施設で学び、所定の単位を修めることで得られます。養成施設は2016年現在で全国に約250校ありますが、その大半を医療系・福祉系などの専門学校が占めます。その他の養成施設には、大学・短大・特別支援学校があります。理学療法士を目指せる専門学校には、3年制と4年制の2種類があります。設置数はほぼ同じです。受験資格を得るのに必要な最低単位数は共通しているため、3年制・4年制どちらの専門学校に進んでも最終的に得られる資格は同じです。どちらを選ぶかは、個々の希望や事情によることとなります。これまでの傾向を見ると、3年制専門学校は少しでもも早く資格を得て、実社会で働きたいという意向を持つ人に選ばれています。また、資格取得に要する費用の総額を抑えたいという意見もよく聞かれます。一方、4年制については、余裕のあるカリキュラムで必要な知識や技術をじっくり身につけたいという人に選ばれています。また、理学療法士に加えて作業療法士などの他の資格も取得し、活躍の場を広げたいという人も4年制を選ぶ傾向にあります。理学療法士と作業療法士は同時に受験することはできませんが、両方の養成課程を持つ専門学校が少なくありません。

専門家を目指そう

白衣の人

日本メディカル福祉専門学校は、臨床工学技士、社会福祉士、保育士、幼稚園教諭などを養成する学校です。様々な学科が用意されていますので、自分の希望や都合に合わせて学び方を選ぶことができます。また、学費サポートが充実していることも日本メディカル福祉専門学校の特徴です。

大学へ通うメリット

カウンセリング

心理学に関する資格は非常に多くありますが、大学などでカリキュラムを修めた上で申請できたり、受験資格が得られたりするような資格の信頼度は高いので、そうしたものを優先的に取得するべきです。特に、医療系で心理学を生かして働くなら臨床心理士を取得するとよいでしょう。